STORES People

STORES Peopleは、STORES のオープンな社内報です。STORES ではたらく仲間のこと、みんなが考えていること、オフィスで起こるできごとについて。せっかくそんな話をするなら、みんなに読んでもらったほうが楽しいから作りました。

STORES People

STORES Peopleは、STORES のオープンな社内報です。STORES ではたらく仲間のこと、みんなが考えていること、オフィスで起こるできごとについて。せっかくそんな話をするなら、みんなに読んでもらったほうが楽しいから作りました。

リンク

マガジン

  • ヒビ

    • 173本

    STORES ではたらく人がつらつらと日々のことを書くよみもの。

  • エンジニア

    STORES のテクノロジー部門に関する記事をまとめたマガジンです。

  • ビジネス

    STORES のマーケティング、カスタマーサクセス、セールス、事業開発、カスタマーサポート職に関する記事をまとめました。

  • ヒト

    STORES ではたらく人のインタビュー。

  • デザイナー

    STORES のデザイナーに関する記事をまとめたマガジンです。 こちらもあわせてどうぞ。 https://design.hey.jp/

ヒビ

STORES ではたらく人がつらつらと日々のことを書くよみもの。

すべて見る
  • 173本

STORES のデータアーキテクトが伝えたい4つの面白さ

はじめまして、2022年8月に入社したこーむらです! 所属はテクノロジー部門データ本部で、職種はデータアーキテクトをやっています。 本記事を読まれている方の大半が、「データアーキテクトって何する人?」と思われているのではないでしょうか? 「データアーキテクトの仕事内容や面白さを少しでも世の中に広めたい!」そんな想いで本記事を書かせていただきました。 データアーキテクトとは?端的に説明すると、データエンジニアとデータアナリストの間に立って、データ活用を推進する役割を担う

スキ
3

DroidKaigiのボランティアスタッフやってみた

ボランティアスタッフとして参加しました!そもそもDroidKaigi自体に参加するのが初めてでしたが、その初めてのカンファレンスでいきなりスタッフとして参加させていただきました。しかも、遠方から! どうしてボランティアスタッフになったのか ボランティアスタッフとして当日どんな仕事をしたのか DroidKiaigiスタッフの楽しかったところ DroidKaigiを通して、目的を果たせのか… ! この記事では上記の内容について語っていきたいと思います! どうしてボラン

スキ
25

初の短期インターン、hey tech camp実施しました!

なぜこのタイミングでインターンを始めたのか こちらのセクションを担当します hey tech camp 企画/運営のCTO室/エンジニアリング室 エンジニアの千葉です。2021年に VPoPx 佐俣より  新卒採用みたいなポテンシャル採用はじめるよ という流れから、2022年度より本格的に新卒市場への参入を開始しました。 ※2022/10/1よりheyは STORES 株式会社に社名変更したので、以下 STORES と記載します。 STORES 自体、学生市場には認知も少

スキ
24

DroidKaigi2022参加レポート

はじめまして、こんにちは。@n-seki です。STORES 株式会社で STORSE 決済 のAndrodアプリ・SDKの開発をしています。 さて、 DroidKaigi2022、とても良かったですね! オンライン・オフライン同時開催ということで、当初は「オンラインでもいいかな?」なんて思っていましたが、運良くスポンサーチケットチケットをいただけたのでオフラインで参加することできました。 最後に参加したオフラインイベントがDroidKaigi2019だったので、個人

スキ
7

エンジニア

STORES のテクノロジー部門に関する記事をまとめたマガジンです。

すべて見る
  • 70本

STORES のデータアーキテクトが伝えたい4つの面白さ

はじめまして、2022年8月に入社したこーむらです! 所属はテクノロジー部門データ本部で、職種はデータアーキテクトをやっています。 本記事を読まれている方の大半が、「データアーキテクトって何する人?」と思われているのではないでしょうか? 「データアーキテクトの仕事内容や面白さを少しでも世の中に広めたい!」そんな想いで本記事を書かせていただきました。 データアーキテクトとは?端的に説明すると、データエンジニアとデータアナリストの間に立って、データ活用を推進する役割を担う

スキ
3

技術支援も採用も。「自分から仕事を取りに行」き、CTOとVPoEを支える

CTO室とエンジニアリング室を兼務するという少し変わったミッションを持つ千葉弘太郎さん。入社数ヶ月とは思えない存在感で、組織を横断した技術支援、採用施策を行っています。 その力強い働き方の背景には、どんなキャリアや考えがあるのでしょうか。これまでのキャリア、表現活動のこと、そして STORES での仕事についてお話を聞きました。 表現に夢中だった幼少期から、IT業界に入るまで──音楽や絵画にも造詣が深いと聞きました。ちょっと遠回りですが、そのお話から聞いてみたいと思います

スキ
8

クラシック音楽からエンジニアに転向。横展開への期待が STORES で働く楽しみ

STORES 予約 のエンジニアを務める開朝彦さん。もともとはクラシック音楽のチェロ奏者をしていました。独学でエンジニアになり、STORES に入社したきっかけは何だったのでしょうか。これまでのキャリア、現在取り組んでいる技術負債の返済プロジェクトなどについてお話を聞きました。 クラシック音楽家から独学でエンジニアに転向──今日はよろしくお願いします。STORES Peopleのインタビューは、これまでのキャリアなどからお話を始めることが多いのですが、開さんは面白いご経歴で

スキ
21

DroidKaigiのボランティアスタッフやってみた

ボランティアスタッフとして参加しました!そもそもDroidKaigi自体に参加するのが初めてでしたが、その初めてのカンファレンスでいきなりスタッフとして参加させていただきました。しかも、遠方から! どうしてボランティアスタッフになったのか ボランティアスタッフとして当日どんな仕事をしたのか DroidKiaigiスタッフの楽しかったところ DroidKaigiを通して、目的を果たせのか… ! この記事では上記の内容について語っていきたいと思います! どうしてボラン

スキ
25

ビジネス

STORES のマーケティング、カスタマーサクセス、セールス、事業開発、カスタマーサポート職に関する記事をまとめました。

すべて見る
  • 45本

出産、育休を経てファッションの世界からIT業界へ。STORES で得た「ひとりの自分」として働ける充実感

STORES のリテール事業部門、アダプショングループで働く新井麻紀さん。ファッションビルでショップのサポートをしていた経験を活かして、STORES のオーナーさんのサポートやキャンペーンの企画を行っています。最近ではプライベートでご自身のお商売を始めたという新井さんに、 STORES ではたらくようになったきっかけや、思い出深い仕事などについてお話をききました。 はじめての転職。ファッションビルの運営から STORES へ──現在のお仕事を教えてください。具体的にどのよう

スキ
37

初めてのIT業界のアルバイトから社員に。実践を通してスキルを磨き、STORES 決済 のオペレーションを担う

STORES 決済 の全てのオペレーションを担うオペレーションズ本部で働く大浦実子さん。IT業界未経験のアルバイトで入社して、今は社員としてマネジメント業務も手掛ける実力派です。 その原動力には、STORES で出会った憧れの上司の存在がありました。初めてのIT業界に飛び込んだこと、GASや複雑な関数を自在に操れるようになるまでと、憧れの上司との絆まで、たっぷりお話を聞きました。 STORES 決済 のオペレーションを一手に担うチーム──現在のお仕事について教えてください

スキ
37

入社してすぐ任されたショップフォースのPMI。 STORES ブランドアプリ をリリースするまで

2021年の10月に入社してすぐショップフォースの仲間入りという大役を任され、 STORES ブランドアプリ のリリースを成功に導いた内田皓大さん。これまでのキャリアやheyでの仕事、そして理想の世界のありかたまで。さまざまなお話を聞きました。 任されたショップフォースの仲間入りと、これまでのキャリア ──今日はよろしくお願いします。早速ですが、内田さんはheyに入られてからのお仕事が少し特殊ですよね。まずは現在のお仕事と、入社してからどんなお仕事をされて今に至るのか教え

スキ
27

STORES ブランドアプリ で、カスタマーサクセスのリーダーが続ける「挑戦」

heyのCRM事業部門でカスタマーサクセスチームのリーダーを務める浅見浩志さん。先日リリースされた STORES ブランドアプリ のこと、働き方などについて聞きました。 メカニカルエンジニアからIT畑へ ──今日はよろしくお願いします。まずは初登場の方恒例の質問ですが、これまでのキャリアを簡単に教えてください。 はい。僕は最初からIT畑ではなく、最初は大手輸送機器メーカーでメカニカルエンジニアをしていました。具体的な仕事は、品質管理です。すでに設計された製品が工場で量産

スキ
16

ヒト

STORES ではたらく人のインタビュー。

すべて見る
  • 83本

出産、育休を経てファッションの世界からIT業界へ。STORES で得た「ひとりの自分」として働ける充実感

STORES のリテール事業部門、アダプショングループで働く新井麻紀さん。ファッションビルでショップのサポートをしていた経験を活かして、STORES のオーナーさんのサポートやキャンペーンの企画を行っています。最近ではプライベートでご自身のお商売を始めたという新井さんに、 STORES ではたらくようになったきっかけや、思い出深い仕事などについてお話をききました。 はじめての転職。ファッションビルの運営から STORES へ──現在のお仕事を教えてください。具体的にどのよう

スキ
37

制作会社から STORES に転職して得たのは、デザインが事業に寄与している実感。

STORES でデザイナーとして働く三浦巧さん。入社前は業界最大手の制作会社でグラフィックデザインを手がけていました。初めてのウェブ、アプリの制作やIT業界へのジャンプはどんなものだったのでしょう。STORES ロゴを制作などのこれまでの仕事や、キャリアについてききました。 高校生からデザイン一本。 制作会社でデザイナーになるまで──ベテラン社員の三浦さんにやっとインタビューできて嬉しいです。まずは、これまでのキャリアを教えてください。デザインを志したのはいつ頃ですか?

スキ
17

クラシック音楽からエンジニアに転向。横展開への期待が STORES で働く楽しみ

STORES 予約 のエンジニアを務める開朝彦さん。もともとはクラシック音楽のチェロ奏者をしていました。独学でエンジニアになり、STORES に入社したきっかけは何だったのでしょうか。これまでのキャリア、現在取り組んでいる技術負債の返済プロジェクトなどについてお話を聞きました。 クラシック音楽家から独学でエンジニアに転向──今日はよろしくお願いします。STORES Peopleのインタビューは、これまでのキャリアなどからお話を始めることが多いのですが、開さんは面白いご経歴で

スキ
21

問題はチームで解決。「人」を大切にしたい私にぴったりの、STORES の開発

機械を触る職人に憧れてエンジニアを目指したという板倉由依さん。バックエンドエンジニアとして活躍中です。板倉さんのキャリアのテーマはずばり「人」。STORES のどんなところがやりがいにつながっているのでしょうか。SES開発時代を経て感じる違いや、現在の仕事、お気に入りのバリューなどお話を伺いました。 聞き手:塩谷 啓(エンジニアリング室) 初手から戦略的に積み上げた、エンジニアのキャリア──今日はインタビュー、よろしくお願いします。まずは改めて、自己紹介をお願いします。

スキ
8

デザイナー

STORES のデザイナーに関する記事をまとめたマガジンです。 こちらもあわせてどうぞ。 https://design.hey.jp/

すべて見る
  • 20本

制作会社から STORES に転職して得たのは、デザインが事業に寄与している実感。

STORES でデザイナーとして働く三浦巧さん。入社前は業界最大手の制作会社でグラフィックデザインを手がけていました。初めてのウェブ、アプリの制作やIT業界へのジャンプはどんなものだったのでしょう。STORES ロゴを制作などのこれまでの仕事や、キャリアについてききました。 高校生からデザイン一本。 制作会社でデザイナーになるまで──ベテラン社員の三浦さんにやっとインタビューできて嬉しいです。まずは、これまでのキャリアを教えてください。デザインを志したのはいつ頃ですか?

スキ
17

【デザイン制作秘話】heyのバリューのポスターができました

こんにちは、heyのブランドデザイン本部のPX/BXデザイナーの瀧野です。タイトルにあるように、今年3月に策定したheyの3つバリュー(行動指針)のポスターが完成したので、noteでもお披露目をさせてください🌼 バリューの社内浸透を図るために制作した今回のポスター。この記事では、制作に関わったメンバーへのインタビューを通じて、ビジュアルの開発プロセスやこだわりを紐解いていこうと思います。 私もPXのデザイナーとして策定に変わったバリュー自体の制作ストーリーについてはこちら

スキ
96

デザインとビジネスの適切なバランス。VPoPD井出優太が見つめる、STORES プラットフォーム

2022年4月にVP of Product Design(以下、VPoPD)に就任した井出優太さん。より良いプロダクト体験を提供し、STORES プラットフォーム を利用する顧客に多くの価値を届けるために新たな役割に就きました。井出さんに、VPoPDの仕事、そして現在のSTORES プラットフォームの強みや課題などを聞きました。 VPoPDの仕事とSTORES プラットフォーム ──VPoPDに就任して初めてのインタビューですね。まずは、VPoPDのお仕事について教えてく

スキ
20

約320人参加のバリュー策定ワークショップでの運営方法とコンテンツ制作

heyの「Just for Funな組織のバリューを決める旅」連載 第3回目です! 前回の記事では策定編その1として、約320人規模のバリュー策定ワークショップの全体の体験設計についてご紹介しました。 この記事では策定編その2として、オンラインワークショップ当日の具体的な内容と運営方法、また失敗談などを書いていきたいと思います。第1回企画編の記事にあるように、heyではバリューを「ボトムアップ型」で策定プロセスからメンバーを巻き込むやり方で作り上げました。これから全社員を

スキ
21