マガジンのカバー画像

ヒビ

173
STORES ではたらく人がつらつらと日々のことを書くよみもの。
運営しているクリエイター

記事一覧

STORES のデータアーキテクトが伝えたい4つの面白さ

はじめまして、2022年8月に入社したこーむらです! 所属はテクノロジー部門データ本部で、職種はデータアーキテクトをやっています。 本記事を読まれている方の大半が、「データアーキテクトって何する人?」と思われているのではないでしょうか? 「データアーキテクトの仕事内容や面白さを少しでも世の中に広めたい!」そんな想いで本記事を書かせていただきました。 データアーキテクトとは?端的に説明すると、データエンジニアとデータアナリストの間に立って、データ活用を推進する役割を担う

スキ
2

DroidKaigiのボランティアスタッフやってみた

ボランティアスタッフとして参加しました!そもそもDroidKaigi自体に参加するのが初めてでしたが、その初めてのカンファレンスでいきなりスタッフとして参加させていただきました。しかも、遠方から! どうしてボランティアスタッフになったのか ボランティアスタッフとして当日どんな仕事をしたのか DroidKiaigiスタッフの楽しかったところ DroidKaigiを通して、目的を果たせのか… ! この記事では上記の内容について語っていきたいと思います! どうしてボラン

スキ
25

初の短期インターン、hey tech camp実施しました!

なぜこのタイミングでインターンを始めたのか こちらのセクションを担当します hey tech camp 企画/運営のCTO室/エンジニアリング室 エンジニアの千葉です。2021年に VPoPx 佐俣より  新卒採用みたいなポテンシャル採用はじめるよ という流れから、2022年度より本格的に新卒市場への参入を開始しました。 ※2022/10/1よりheyは STORES 株式会社に社名変更したので、以下 STORES と記載します。 STORES 自体、学生市場には認知も少

スキ
24

DroidKaigi2022参加レポート

はじめまして、こんにちは。@n-seki です。STORES 株式会社で STORSE 決済 のAndrodアプリ・SDKの開発をしています。 さて、 DroidKaigi2022、とても良かったですね! オンライン・オフライン同時開催ということで、当初は「オンラインでもいいかな?」なんて思っていましたが、運良くスポンサーチケットチケットをいただけたのでオフラインで参加することできました。 最後に参加したオフラインイベントがDroidKaigi2019だったので、個人

スキ
7

DroidKaigi 2022参加レポート

こんにちは、@tomorrowkey です。 STORES 株式会社 で STORES ブランドアプリのAndroidエンジニアをしています。 DroidKaigi 2022おつかれさまでした。DroidKaigiはエンジニアが主役のAndroidカンファレンスです。 2021年はオンライン開催でしたが、今年はオンラインとオフラインのハイブリッド開催でした。 オフライン開催は2019年以来なので、実に3年ぶりということになり、ひさしぶりに会えるエンジニア仲間や、Twitte

スキ
18

iOSDC Japan 2022! 今年も楽しかったですね。

こんにちは! ヘイ 株式会社 で STORES 決済 モバイルチームの Engineering Manager 兼 iOS アプリ・SDKの開発を担当しております。いわい です。 先日無事 大成功 のもと終了した iOSDC Japan 2022 に 今年も スタッフとして参加してきました! そして 私の所属する ヘイ 株式会社 (10月1日から STORES 株式会社 ) としては、プラチナスポンサーとして協賛しました。 そんな、iOSDC Japan 2022。

スキ
4

iOSDC Japan 2022 参加レポ

はじめにこんにちは、まーしー(@marcy731)です。 ヘイ株式会社(10/1よりヘイはSTORESになります!)で STORES ブランドアプリ というプロダクトのiOSエンジニアをやってます。 今回9/10-12の3日間でiOSDC Japan 2022という技術カンファレンスにオフライン参加してきましたので、その参加レポを書きたいと思います。 セッション今年も例年通り、今後の開発でぜひ参考にしていきたいセッションがたくさんありました。 その中でも特に個人的に「聞い

スキ
9

(私の)iOSDC2022

こんばんは!とと(@totokit4)です。 皆さま、iOSDCお疲れ様でした! 私のことを知らない人のための自己紹介 もうすぐSTORES という名前になるheyにきて、もうすぐ1年。 お店でクレジットカードなどの電子マネー決済を導入できるアプリを開発しています。 オフライン参加私はiOSDCは初のオフライン参加! 張り切ってDay0から会場に行って、3日間ほぼずっと会場にいました。 初日の帰り道から足にかなり疲労を感じていましたが、終わった今は銭湯でお風呂上がりにア

スキ
17

地味PM meetup #2 イベントレポートのようなもの

こんにちは、永嶋です。ヘイ株式会社で STORES 決済 のプロダクトマネージャをやっています。また、サラリーマンとは別に復業で、子供の教育を目的としたクイズゲームを作っていたりします(それはまた、別のお話) 最近どうなの?プロダクトマネージャとしては、2021年末くらいから、 地味PM というキーワードで活動をしているのですが、ここ数ヶ月の 地味PM 絡みのトピックでは、以下のようなことがありました。 ① @IT で記事になった @IT で記事になりました。前回の 地

スキ
18

【デザイン制作秘話】heyのバリューのポスターができました

こんにちは、heyのブランドデザイン本部のPX/BXデザイナーの瀧野です。タイトルにあるように、今年3月に策定したheyの3つバリュー(行動指針)のポスターが完成したので、noteでもお披露目をさせてください🌼 バリューの社内浸透を図るために制作した今回のポスター。この記事では、制作に関わったメンバーへのインタビューを通じて、ビジュアルの開発プロセスやこだわりを紐解いていこうと思います。 私もPXのデザイナーとして策定に変わったバリュー自体の制作ストーリーについてはこちら

スキ
96

マルチバーティカルSaaSの難しさと面白さ

こんにちは。宮里(@miyahirok)と申します。ヘイ株式会社(以下、hey)で STORES 予約 のプロダクトマネージャーをしております。 早いものであっという間に2022年も折り返そうとしております。 2021年末にプロダクト開発サイクルを可視化した話についてnoteに書かせていただきましたが、この半年間でプロダクトロードマップの策定・共有プロセスを透明性高く運用できるようになってきたことに加え、中長期的な事業・プロダクトの目指す方向性についても多く議論をしてきまし

スキ
24

第4回:生みの苦しみは直前に。難産の末に爆誕したバリューを使い倒す

「Just for Funな組織のバリューを決める旅」連載 第4回目(最終)! ここまでの連載でお伝えしてきた通り、全社を巻き込んだバリュー策定プロセスは、超特急なスピードながらワクワクを伴って順調に進み、何とか出口が見えました。みんなの意思と熱量は集約され、あとは最終言語化して完成させるだけ。しかし、生みの苦しみはここに潜んでいました。全社ワークショップから完成までにかかった期間は5ヶ月。時間をあけすぎることは熱量の低下を招く悪手ともなりうる中、なぜ当初予定を超えて多くの

スキ
21

東京都から福岡県に移住しました

大学進学をきっかけにおおよそ16年間東京都に住んでおりましたが、このたび福岡県福岡市に引っ越しました。 理由はいくつかあるのですが、一番大きかったのは両親に子どもを会わせたときになんというかこうグッときてしまい、「なるべく親の近くに住むかぁ」という気持ちになったことです。 幸運なことに妻の実家が福岡県で、私の実家が山口県なので、福岡県に住めば妻の実家は当然近いし私の実家にも車でシュッと行ける距離になるのです。 あとは親元を離れて夫婦ふたりで都内で共働き子育てをしたのがわたし

スキ
22

約320人参加のバリュー策定ワークショップでの運営方法とコンテンツ制作

heyの「Just for Funな組織のバリューを決める旅」連載 第3回目です! 前回の記事では策定編その1として、約320人規模のバリュー策定ワークショップの全体の体験設計についてご紹介しました。 この記事では策定編その2として、オンラインワークショップ当日の具体的な内容と運営方法、また失敗談などを書いていきたいと思います。第1回企画編の記事にあるように、heyではバリューを「ボトムアップ型」で策定プロセスからメンバーを巻き込むやり方で作り上げました。これから全社員を

スキ
21